ファイト・クラブ 映画日記


1999年

放送情報

2020年2月28日(金) BS朝日

あらすじ

不眠症のジャックは医者にもっと苦しい人もいるんだよと睾丸ガン患者の集いを紹介される.悲惨な話で感極まり,泣き,スカッとして眠れるようになる.味をしめて末期ガン患者や結核患者などの集いに参加して回るようになるが,どの集いにもいる女,マーラに気が付く.ニセの患者として参加するなんてなんて酷い女だ.不眠症再発.

出張から帰ると自分の部屋が爆発していた.せっかく豪華な家具やブランド物の服を揃えたのに.飛行機でたまたま隣の席だったタイラーを頼ると一晩泊めてやるからオレを殴れと言われる.殴る.殴られる.生きてる感じがする.タイラーは廃墟のビルに住んでいた.ジャックとタイラーは時々殴り合い,それを見て興味を持った人々が殴り合い仲間に加わる.地下に集まるようになりどちらかが降参するまで1対1で心ゆくまで殴り合うファイト・クラブを結成する.どんどん規模が大きくなってきて会員を街で見かけるようになるが昼間すれ違っても知らんぷり.

自殺中のマーラからジャックに電話があったが長くなりそうだから受話器上げたままにしていたらタイラーがマーラを連れ込む.ゆうべはお楽しみでしたね.タイラーとマーラのギシアンに苛立つジャック.やがてジャックの知らないところでタイラーによりファイト・クラブは巨大なテロリスト集団に変貌していった.マーラとの会話がどうにも噛み合わないジャックは自分とタイラーが同一人物だと気づく.最近良く眠れると思っていたけど寝ていたと思っていた時間はタイラーとして大規模テロ計画を着々と進めていた.警察に自分がテロリストのリーダーですと自首したがもはや警察内部もテロリストメンバーだった.計画通りっすねとか言われる.

爆弾を仕掛けたビルへ行き自分がタイラーならできるはずとタイマーを解除しようとするがタイラーに妨害されて意識を失う.目が覚めるとこれから爆破する高層ビル群が一望できる特等席でタイラーと対峙していた.奴は幻.銃で撃っても倒せないので自分の頭を撃って消す.急所はギリ外れたのかまだ生きてる.部下が連れてきたマーラと2人で崩れゆくビル群を眺める.世界に9.11とリーマンショックが同時にきたような混沌をもたらした.

感想

これも狂気.イマジナリーフレンドだったのかよ!? この映画観る前にあらすじ読んでネタバレ食らった方には申し訳ないですが,オチを知っている2回目の視聴の方が楽しめそうなのでドンマイ.

「ファイト・クラブ 映画日記」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。