モダン・タイムス 映画日記


1936年

放送情報

2020年4月1日(水) BSプレミアム プレミアムシネマ

あらすじ

労働者が家畜のように出勤しロボットのように流れ作業をこなす.監視カメラでサボっている労働者に檄を飛ばす社長.工員のチャーリーは精神を病んで入院する.退院し,道に落ちていた赤旗を振っていたら共産党のデモ隊リーダーと間違われ逮捕される.

刑務所で食事中に隣の席の男が持っていた白い粉を食べてキマり,銃を持った脱獄犯を撃退したお礼に釈放される.刑務所の推薦で造船の仕事に就くが早速ヘマをして辞める.

失業中だった父が死に施設に保護された少女が逃走する.少女がパンを盗んで逃げている時にチャーリーにぶつかり転ぶ.働くのが嫌で刑務所に戻りたいチャーリーは少女の身代わりになって逮捕されようとするが目撃者の善意で失敗する.今度は警察を呼んでから食い逃げして逮捕される.護送車で少女と鉢合わせ.恩人を助けるために少女が暴れて車を横転させ逃走する.チャーリーは二人で幸せな家庭を築く事を夢見て働くことにするが,職場でやらかし続けて刑務所を出たり入ったり.

路上で踊っていた少女はダンサーとしてスカウトされ職を得る.チャーリーが釈放されると少女から歌って踊れるウェイターの仕事を紹介される.歌とダンスがバカウケでチャーリーも正式に採用されるが,指名手配されていた少女は店を追われることになる.2人ならなんとかなると真っ直ぐな道路を共に歩みだす.

感想

今でも通用しちまうっていうのが問題なんだろうけど,今でも通用する社畜ネタおもろー.AIとかロボットが進歩して完全に人間の代わりになる時代になっても貧富の差が拡大するだけで一般人は労働から解放されないんだろうなあ.働きたくないでござる.

「モダン・タイムス 映画日記」への2件のフィードバック

  1. スタートレックだと金とか消滅して、意識高い系だけが日々頑張ってるっぽいのだが、意識低い人何してるのん?

コメントは停止中です。