ハンニバル 映画日記


2001年

放送情報

2020年4月22日(水) テレビ東京 午後のロードショー

あらすじ

FBI捜査官のクラリスは大物麻薬ディーラーを逮捕する際に的確な支持を出したものの部下が従わずに銃撃戦となり多数の死傷者を出してしまい責任をとらされる.そんな彼女に元精神科医で凶悪殺人犯のハンニバル・レクター博士の情報がレクターのターゲットの中で唯一生き残っていたグロテスクな顔の大富豪メイスンからもたらされる.

レクターの捜査に復帰したクラリスにイタリアのフィレンツェに潜伏していたレクターから手紙が届く.イタリアの刑事がレクターの正体に気づきメイスンに情報を提供して懸賞金を得るが,情報提供にとどまらずクラリスの忠告を無視して首を突っ込みレクターに殺される.

メイスンの企みでレクターをおびき寄せるエサにするためにクラリスが謹慎処分になる.レクターに誘い出されたクラリスを尾行していたメイスンの手の者がレクターを拉致する.

レクターに再会したメイスンはディナーになぞらえて家畜に喰わせてゆっくり殺そうとする.屋敷に潜入したクラリスがレクターを救出し,高みの見物しようとしていたメイスンが逆に家畜に喰われる.負傷したクラリスをレクターが運び出し治療する.

森の中の別荘で目覚めたクラリスが警察に通報してレクターと自分の手を手錠で繋ぎパトカーの到着を待つ.すると,レクターがナタのような刃物で自分の手首を切り落とし逃亡し,帰国する.

感想

古代ローマに遠征する話だと思ったら違うのだった.刃物でシャっと浅く首切る系のグロシーンは手に力が入らなくなるくらい苦手です.

「ハンニバル 映画日記」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。