ガタカ 映画日記


1997年

放送情報

2020年5月30日(土) BS12トゥエルビ 土曜洋画劇場

あらすじ

遺伝子至上主義の近未来.普通の家庭は遺伝子編集で完璧な赤ちゃんを産むが,ビンセントは両親が自然な出産を望んだため生まれつき身体の弱い不適正者として産まれてしまう.その後,「普通の方法」で産まれた弟には頭脳も体力もすぐに抜かれる.しかし,宇宙飛行士になる夢を諦めきれずに努力を重ねる.

宇宙飛行施設“ガタカ”の遺伝子試験を突破するために闇のブローカーの仲介で優秀な遺伝子をもっていたが自殺未遂で足を怪我をした水泳選手,ジェロームと契約を結び,彼に成りすます.人は顔ではなく遺伝子しか見ていないので指に仕込んだ彼の血液や服の中に隠した彼の尿パックを使って入社試験を受けに行くと面接なしで合格する.

ビンセントはジェロームとして努力を重ね誰もが認めるエリートに登りつめ宇宙飛行士に選抜される.ジェロームの秘密を疑っていた上司が職場で何者かに殺され面倒なことになる.ビンセントのまつ毛も敷地内にあったため,不適正者の侵入者としてビンセントが指名手配される.

社内の恋人やジェロームの協力もありビンセントは捜査を切り抜け,真犯人が逮捕される.真犯人は局長で,優秀なジェロームを疑って打ち上げを遅らせているやつが邪魔だったのが動機のようだ.

宇宙へ出発の日,抜き打ちの尿検査でいつもの医者に正体がバレるがハンデを持つビンセントが実力でここまで成り上がったの知っていたためか見逃してもらう.ビンセントが宇宙へ旅立った頃,一生分の血液や尿サンプルを残しジェロームは2度目の自殺をしてすべてをビンセントに託す.

感想

友情!努力!勝利! いい話だなあ.なんだかんだ努力が報われたビンセントにとってやさしい世界だった.最後どうにかして本当のジェロームが宇宙へ行って宇宙なら足など飾りですってなっても良かったかなあ.

「ガタカ 映画日記」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。