秒速5センチメートル 映画日記


2007年

放送情報

2020年12月30日(水) テレビ朝日

あらすじ

小学生のころ貴樹と明里はクラスのみんなからからかわれるほど仲良しだったが,明里の引越しで別の中学へ行くことになり悔いの残る別れ方をする.半年後,明里からの手紙をもらい,それから文通を始める.貴樹が種子島に引っ越すことになったのでその前に会いに行くことにする.雪のため電車が遅れ携帯もない時代なので不安が募る.明里に渡すつもりだった最後の手紙は突風で飛ばされなくしてしまう.深夜にようやく待ち合わせの駅に到着して明里に会える.駅から追い出され雪の中でキスをして一晩畑の納屋で2人で過ごし翌朝貴樹は帰る.明里も貴樹に渡すつもりだった手紙を渡せなかった.

種子島にて高校3年生になった貴樹に何年も片思いしている花苗はなかなか告れずにいた.貴樹がいつも携帯メールを打っていてなんとなく遠距離に彼女が居るということを匂わせていたのが原因だが,実はただ打っているだけでどこにも送信していなかった.花苗は久しぶりにサーフィンで波に乗れた勢いでその日に告白すると決める.たまたま原付きが故障し2人で並んで歩いて帰るという絶好のチャンス中にロケットが打ち上げられる.いつもロケットを見上げるように遠くを見ている貴樹には想いが届かないと悟った花苗は何も言えずに夜に泣く.

明里は結婚準備のために部屋を片付けている時に貴樹に渡せなかった手紙を見つけ貴樹の夢を見る.いつも心のどこかで明里を求めていた貴樹はそれを見透かされ今の彼女に振られる.その後仕事に没頭していいたがなにか虚しくなって会社を辞める.そして踏切で明里とすれ違った気がして振り返るが電車が通過たあとにはもういなかった.

感想

グェェ苦しい.スタンド攻撃を受けているのか!?

「秒速5センチメートル 映画日記」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。