バケモノの子 映画日記


2015年

放送情報

2021年7月9日(金) 日本テレビ 金曜ロードショー

あらすじ

父が出ていき,母が交通事故で死んで1人になった蓮は親戚に引き取られることを拒否して逃げ出す.街で声をかけてきたバケモノ・熊徹の後を追いバケモノの世界に迷い込む.熊徹は宗師の跡目争いの有力候補だったが人望がなく弟子がおらず,挑戦するには弟子が必要だったので蓮を九太という名前に変えて無理やり弟子にする.

最有候補の猪王山と熊徹がストリートファイトすると皆が猪王山を応援する.それを見た蓮はぼっちの熊徹に共感し正式に弟子になる.熊徹には師匠もおらず独学で強くなったため教え方が全くわからず修行は捗らなかったが,蓮が熊徹の動きを真似ているうちに相手の動きをよく見て対応するコツを熊徹に教えるようになるほど強くなる.蓮が17歳になるころには熊徹も蓮もかなり強くなる.

蓮は2つの世界を行き来する方法を発見し,助けた優等生・楓に読み書きを習う.楓の勧めで大学進学を目指すことになり役所であれこれ手続きする過程であっさり父の住所がわかり会える.蓮が熊徹かの元から去り気まずい関係になってしまったまま,熊徹と猪王山の宗師決定戦の日を迎える.ボコられる熊徹を蓮が煽っていつもの強さを取り戻させ勝たせる.

しかし,猪王山の息子・一郎彦が刀で熊徹を刺す.一郎彦は人間の蓮を目の敵にしていたが一郎彦もまた猪王山が拾った人間だった.ここでは人間は闇を抱えがちで一郎彦は闇の取り込まれる.蓮が渋谷で楓に別れの挨拶をしに行くとそこに一郎彦が現れ戦いとなる.一郎彦が圧倒的な闇の力を使い勝ち目がないので,熊徹は宗師の引退時に神になれる特権を今使って蓮の心の中の剣になる.蓮は熊徹の神の力で一郎彦を無力化する.蓮はバケモノの世界から人間世界に戻り父と住むことにして熊徹を心に秘めたまま大学進学に挑戦する.

感想

楓たそ萌え.アオいいよね.青くはなかったけど.

関連

おおかみこどもの雨と雪 映画日記 – 萌日記- 萌駅

「バケモノの子 映画日記」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。