アウトブレイク 映画日記


1995年

放送情報

2021年9月20日(月) BSプレミアム プレミアムシネマ

あらすじ

内戦中のザイールの傭兵キャンプで原因不明の出血熱が流行しアメリカ軍が調査を行い手遅れと判断して燃料気化爆弾の投下で壊滅させ隠蔽する.

30年後,ザイールで1つの村を全滅させた出血熱の調査へサム・ダニエルズ軍医のチームが派遣される.これはヤバイので特別警報を出すよう求めるが,上層部は致死率が高いのですぐに収束するだろうと放置する.同じころアフリカで捕獲した猿を載せた船が出港する.サムは持ち帰ったサンプルを熱心に調査するが,30年前の事を隠蔽したい上官に妨害される.

猿を密輸した青年が猿をペットショップに売れずに森に逃がす.青年と濃厚接触した人達を中心に感染が広がる.サムの元妻でCDCに務めるロビーが病院に駆けつけ青年の遺体を解剖し,これはヤバイとサムに電話で相談する.

ウィルスは空気でも感染するように変異し猛威を振るう.軍は先手先手で感染が蔓延する街をロックダウンして皆殺しの準備を進める.命令違反で現地に行ったサムはロビーと共闘し抗体を持っている宿主を探す.ロビーが感染し街への爆撃時間が迫る中,サムが猿を運んだ船に到達し,猿の写真を入手し,テレビ局に乗り込み猿の写真を放送して情報提供を呼びかける.

情報提供者の家に飛び,猿を捕獲し,軍の妨害を振り切り感染した街に持ち帰って血清を作る.ロビーで試し効果があることを確認するが30年前の事を隠蔽したい上層部は爆撃作戦を止めない.サムは爆撃機のパイロットを直接説得して爆撃を中止させる.

感想

もうすでにあの街以外にも感染が広がっていてあの街を消すと血清も手に入らなくて世界がヤバかった.専門家の意見を聞いて爆撃の政治決断した大統領周辺の人達は責任を痛感するだけでなくみんな辞める覚悟があったのは良いね.

「アウトブレイク 映画日記」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。