「海峡」タグアーカイブ

海峡 映画日記


1982年

放送情報

2020年5月26日(火) BS-TBS

あらすじ

青函連絡船が台風などによる事故が相次ぎ青函トンネルを望む声が高まる.地質学の専門家で国鉄職員の阿久津剛が青森で地質調査を始める.竜飛岬で自殺しようとしている女,多恵を引き止め飲み屋に預ける.まだまだこれからというところで2,3年で転勤という国鉄のしきたりに則って明石海峡の方へ飛ばされる.

国鉄の総裁が変わって本格的に青函トンネルのプロジェクトが動き出し歴戦の猛者たちが集結する.調査斜坑掘削開始.阿久津の妻子も引っ越してくるがすぐに帰ってしまい,多恵が阿久津の身の回りの世話をする.青函連絡船の事故で両親を失った少年が成長し,作業員として採用される.流水に悩まされ,2ヶ月で5メートルしか進めずに現場に諦めムードが漂うがなんとか調査を終え,本坑工事の予算が下りる.

国鉄直轄部隊の他に民間企業も参戦し町が賑わう.パイロット航で大規模な出水事故があった日,阿久津にチチシスの電報が届く.本坑タンク代わりにして水を抜き切り抜ける.25年かかった青函トンネルが完成する.10年以上断酒していた阿久津がすっかり多恵の店になっていた飲み屋で一杯やる.

感想

25年かかる工事も20年目くらいで5年で掘れる技術できてそうだけど25年掘ってる人がいないと技術も進歩しないかあ.